音楽を作ることは、音そのものとマイクや機材のパズルみたいな感じ | obanamicrofone 尾花マイク

音楽を作ることは、音そのものとマイクや機材のパズルみたいな感じ

折坂悠太さん

G5×アコースティックギター

フォーク、ジャズ、ブルース、民謡、ブラジル音楽など、様々なスタイルを独自の解釈で融合し、名実ともに日本の現行音楽シーンで唯一無二の存在感を示しているシンガー・ソングライターの折坂悠太。弾き語り以外にも、東京のメンバーとのバンド編成=合奏、京都のメンバーとの重奏、またbutajiや青葉市子らシンガー・ソングライターと共演したツーマン・ツアーなど、多様なスタイルで精力的にライヴ活動を続ける彼も、オバナマイクのユーザーの一人だ。ライヴについて、音について、折坂悠太がこれまで考えてきたこと、これからについて考えていることを聞いた。

--折坂さんがオバナマイクを知ったのはいつですか。

折坂 尾花さんにはじめてお会いしたのが、一昨年のスターパインズカフェのライヴのときで、パーカッションの宮坂(遼太郎)くんに紹介していただきました。そのときにマイクをいただいたんですが、マイクを作っているなんてすごい人だなあというくらいしか実は最初は印象がなかったんです。まさかそのマイクがいまに至るまでメイン機材になるとは、申し訳ないですがそのときは想像してなくて…(笑)。最初に使ってみたのは、ちょっと経ってからリハスタに一人で入ったときで、そこで結構、あれ?って感じでした、これはいい方の意味で。基本的にライン1本とかマイク1本でとると、ピントがしっかりしすぎることが多いんです。もっとミックスしたような音が欲しいので、何かしら2本くらい、ギターだったらラインとマイクとか、マイク2本とかでとっていたんですが、(オバナマイクは)マイク2本立てたときの奥行きにすごく近かったのを覚えてますね。

--今はどのように使われていますか。

折坂 常にギターの中にオバナマイクはあります。それプラス、大きい会場、PAさんががっつりいるときは、ラインと併用してますね。オバナさんのマイクで基本的な色付けをさせてもらっていて、ただ低音域とかをもうちょっと補足したいなっていうときに、ラインの音も一緒に入れてもらっています。

--カネコアヤノさんにもインタヴューをしまして、カネコさんはオバナマイクと前に立てたマイクの2本という使い方でした。

折坂 そのやり方は僕はあんまりやったことがないんですけど、それもありですね。オバナさんのマイクみたいな方向性の音で、立てるマイクではなく仕込んで使えるものって、本当に知らなくて。ライヴで立って演奏していると、据え置きのマイクは位置がずれてしまって、だけどマイクの奥行きは欲しいと思っていたので。ラインもオバナさんのマイクもギターに仕込んだ状態なら動き回れるし、ああいう方向性の音でそれができるというのはすごく画期的なことですね。

--マイクの存在を気にせずに演奏できるとおっしゃっている方は多いですね。

折坂 ひっかけるだけで使えるのはすごく大きいです。人に勧めやすいというのもありますよね。このピックアップいいんだよねって言っても、ギターに穴あけないといけないし、なかなかすぐには難しい。たとえば青葉市子さんも興味を持ってくれたことがあって、ライヴの後に「これ何ついてるんですか」と。そういう風にシェアしていって、僕の聞く限りでも、あの人もあの人も使っているという感じになっていったのは、そういう取り回しの良さというか。自分のもの貸してあげてそれでやったりしてもいいし。あれだけの構造でそれが可能になっているのは、結構発明だなと思いますね。

尾花 折坂さんのご紹介で注文してくれた方もいっぱいいるんだろうなと思っています。

折坂 結構布教してます(笑)。

--折坂さんは弾き語り以外にも、合奏や重奏など形態がさまざまで、ライヴの本数も多い方で、自然と会場や環境も様々になってくると思うのですが、返しや音響で意識していること、必ず確認することはありますか。

折坂 自分の中でそういう定石みたいなものができるといいんでしょうけど、僕は結構悩みながらやってますね。整えすぎると途端に緊張しはじめるというのはあって。到着して30分でやらなきゃいけないみたいなときの方がよかったりするんですよ。がちがちにリハして、いざ出たらなんか音が違うとかいっぱいあって。あんまり整いすぎないというところを目指した方がいいなのかなと最近は思ってます。

--折坂さんのライヴは、ギターの弦の一本の音の大きさとかにもすごくニュアンスが生まれてくると思うので、ギターの音色は重要ですよね。

折坂 そうですね。バンド編成のときも、基本的にはアコースティックだと思ってるんです。僕の声と僕のアコギっていう生の音を軸に作っていくことが理想なので。そういう意味では、ギターの音色がすごく大事になってくるんですよね。僕が指弾きで弾きながらやってる曲とかも、音量的にはバンドの中でそこまで大きなくても、それを軸にみんなが演奏していくっていう感じはあります。なので、そこの音色が肝になってくるし、そこが生っぽい方が理想的ですね。そういう意味では、今のオバナさんのマイクとラインを併用するシステムは、バランスがいいのかなと思います。
 あとは弾き語りは特に、どの弦が一番鳴っているかがその日によって違ったりするので、それによってのってきたりとか逆に難しかったりすることはよくあります。なるべくバランスよくやろうとは思ってるんですけど、あんまり常に同じ音でやろうとすると、ガチガチにPAシステムがあってモニターがあってという風になってきちゃうので、出来るだけ場所の鳴りとかサイズ感にあわせて出来るのが理想だなと思います。

--最初にお話に出た宮坂さんにもこの企画でインタヴューをしました。そこで最近良かった音楽の話になったときに、宮坂さんが「最近の音楽には元気が足りてない」と。

折坂 (笑)。

--それで宮坂さんの認識では、折坂さんの音楽には内に秘めた元気があるということだったんですけど(笑)。

折坂 多分それ宮坂くんが入れてるんだと思う(笑)。僕の音楽に元気をもたらしているのは紛れもなく宮坂くん。

--でも弾き語りでもそうだと思うんです。

折坂 根が明るいんでしょうね。前にお客さんと話していてすごく印象的だったのが、ライヴをやっていて上手くいかなかったときに、ひいちゃって落ち着こうとするのか、もしくは前のめりになってもっとやるのかと。僕は後者の方で、おかしいって思ったり失敗したって思ったときに、さらにかぶせてやろうとする癖があるみたいで、そういう焦燥感みたいなのはあります。今日は上手くいかなかったなって日はどっちかというとひいちゃった日だったり、そこからかぶせてめちゃくちゃやった日は、自分の中でもなんとなく今日は良かったと思えたりするので、そっちが好きなんだと思います。やるのもそうだし、観るのも、観ていてニヤニヤしちゃう人、めちゃくちゃ今焦ってるなっていうのが見える人の方が面白いし好きですね。僕もそういう風になりたいし、そういう人が好きです。宮坂くんの演奏を観ていても、基本ばっちりな音は出してますけど、焦燥感みたいなものはすごくあるじゃないですか。そういうところに惹かれますね。

--折坂さんが最近、音という意味で惹かれた音楽はどんなものですか。

折坂 自粛期間になってからあまり人の音楽が聴けなくなってしまったというのはありますが…。音がいいのとはずれるかもしれないけど、どういう風に作りたいかなって思ってるのは、最近、オンマイクで録音されていて、すごくミックスされているものがあんまり聴けなくなっていて、昔のジャズのレコーディングとか、少ないマイクで、サーってノイズが入ってたりするんだけど、その奥にいって何かやってるみたいなものが、好きなんだなと気づきました。自分の作るものは、それと、ちゃんとポップスとして聴けるものの中間みたいなものにしたいなと。それを思ったきっかけが、たとえばユセフ・ラティーフの「愛のテーマ」とか、あと重奏のピアノのyatchiさんに教えてもらった、エチオピアの修道女の人が弾いてるピアノのアルバムとか(Emahoy Tsegue-Maryam Guebrou / Ethiopiques, Vol. 21: Ethiopia Song)。yatchiさんもピアニストで、ソロも出されたりしてるんですけど、そのアルバムもすごく良くて。何が良いかというと、生活音がすごく入ってるんですよね、家がきしむ音とか。場所自体の鳴りみたいなものがすごく濃く入っている音楽で、そういうものに惹かれてますね。場所の空間自体が再生される感じは目指すところだなと思ってます。

--それは折坂さんのレコーディングにもつながってきますよね。

折坂 そうですね。特に今はスタジオでレコーディングができない状況なので、ライヴ配信用に、重奏の人たちとリモートで部屋でそれぞれ録音して、それをつなげるみたいなことをやりはじめていて。そういうのって本当にその人の家の響きとかが入ってくるものなので。こういう状況だからこそ、それを機会に、それに応じた作り方にどんどんなっていくかなという気はしてます。最大公約数の良い音を録るというよりも、その人の生活の場で、一番その人の生活っぽい音が出てる方が面白いかなと。空間の鳴りとか生活音みたいなことを考えていたのが、そこにつながってるかもしれません。あとはマイクとか、何で録るかってこと以外にも、たとえば韓国に行ったときに思ったのが、韓国の人が録った音源って全部なんか違うんですよね。それはたぶん録音環境とかではないんだろうなって思って。もしかしたら電圧が違うとかもあるかもしれないですけど、なんだろう、体幹、みたいなものが、国によって、その土地の人の体によって違うので。音楽を作るというのは、そこの音がでてるそのものと、録音するマイクや機材のパズルみたいな感じだなって。一つに関して、ものすごく詳しくてもしょうがなかったり。今は音についてはそういう風に考えてますね。自分の家にあるものが悪いんじゃない!というか。

--こういう状況で、既に折坂さんも配信のライヴをされたりしていますが、配信だからこそ出来ることについてはどう考えていますか。

折坂 ライヴで出来ることをそのまま配信でというのは、昔の音を再現するのと同じように出来ないことなので、配信しか出来ない状況の中で新しいあり方を見つけていくしかないと思います。一回、今までやっていたライヴのやり方はなしにしてもいいかなという気はしますね。もちろん出来るようになったらやりたいですけど、今考えるべきことは、それをいかに再現するかってことではなくて。新しい良さ、新しい懐かしさみたいなものを作っていくしかないなと思っているので、そのことに力をかけたいなと思っています。作品を音源で提示することと、ライヴで現場でやることのどっちのよさもある中間みたいなもの、今の所作みたいなものが作れたらいいなと思っています。