G5とU1の違いは?

どちらもダイナミックマイクですが、マイク部分の体長がG5が約5センチ、U1が約3.5センチと、U1は小型弦楽器に取り付けやすい大きさになっています。体長が小さい分、U1のほうが大分ゲインが小さくなります。(商品ページにて、それぞれの大体の周波数特性をご確認いただけます。)G5を小型弦楽器に用いることは可能ですが、U1をギターなど低音の強く出る楽器に用いるには十分ではない場面が出てくる可能性があります。

ケーブルの長さの変更は可能か?その場合の値段は?

注文時にご指定いただけば変更可能です。規定の3メートルよりも長くする場合はプラス500円、短くなる場合はそのままのお値段となります。 ケーブルの長さをカスタムしてのご注文は問い合わせフォームよりお願い致します。

ジャックの仕様変更は可能か?

ジャック部分の変更に関しましてはインピーダンス値の問題がございますので承ることはできません。不平衡のフォンに変換したい場合は、インピダンス変換のための変換コネクタを使う必要があります。 インピーダンス変換をしながらのフォン変換をご希望の方には下記URLの変換アダプターをご紹介しています。 http://www.soundhouse.co.jp/products/detail/item/44127/

試奏はできるか?

誠に申し訳ありませんが、現在webからのご注文のみの受付となっておりますので試奏していただけるようなシステムが整っておりません。 ご購入いただいてお手元に商品がとどいたあとで、気に入らず返品をしたいという旨を問い合わせフォームよりご相談いただければ、返送の確認が取れ次第返金の対応(銀行振り込み)をさせていただくことは可能です。

クレジット決済以外に支払いの方法はあるのか?

銀行振込でのお支払いにも対応いたします。その場合問い合わせフォームから・お名前・ご住所・ご注文内容・銀行振込でのお支払いをご希望の旨 をお伝えいただけば商品と一緒に振り込み先の書いた用紙を同梱しますので、お手元に届き次第お振込のお手続きをお願いいたします。

配達日の指定はできるか?

配達日の指定はお受けできません。ご注文から1週間以内の発送を目安としておりますが、「どうしてもいつまでに手元にほしい」というご希望がもしあれば、問い合わせフォームからお伝えいただくと対応できる場合もございます。

ファンタム電源をオンにして使えばいいのか?

G5とU1はダイナミックマイクですのでファンタム電源は必要ありません。PD2に関しましてはコンデンサマイクですのでファンタム電源が必要になります。

音を出すのにプリアンプは必要になるか?

プリアンプを挟んで使われる方もいらっしゃいますが、基本的に音を出すためには必要ありません。

購入後の保証期間はあるか?

現在保証期間は設けておりません。お手元への到着時点での不良に関しましては、到着から2週間以内にお伝えいただければ返品・交換を承っておりますのでお申し付けください。

納期はいつごろになるか?

G5・U1につきましては大体1週間程度でのお届けとなっております。PD2につきましては受注生産となっているため最長で1ヶ月いただいております。詳しい納期をご希望の方はmic@obana.jpまで、もしくは問い合わせフォームからお問い合わせください。

スピーカーの位置と向きなどの調整以外に、ミキサー側でどのような設定をすればハウリングの防止になるか?

OBA-G5、U1はコンデンサーマイクと比較するとハウリングに強いですが、モニターの音量をかなりあげなければならない場合はハウリングしてしまう場合もあります。その場合はハウリングポイントをミキサーのパラメトリックイコライザー(ミドル可変式)などで落とす、あるいは位相を反転させることのできるマイクプリアンプで位相を反転させるとハウリングが収まることがあります。

打楽器に使用できるか?

G5でしたら大体の場合サウンドについては全く問題なく、取り付けの方法のみ工夫して頂けば大体の場合ご利用いただけると思われます。打楽器に限らず具体的にどの楽器に使用できるかなど気になることがございましたら問い合わせフォームよりご質問ください。